一度は唄いたい第九の合唱団募集

日本の年末の風物詩といえば色々ありますが、音楽好きの間では、ベートーヴェンの第九の演奏会に出かけるという人も多いのではないでしょうか。テレビなどでも放映されますし、最近は、年末だけに限らず、町おこしの一環として市や区などがイベントとして市民を集めて第九の演奏会を行うことも増えてきています。また、チャリティーコンサートの演目に選ばれることも増えています。クラシックファンにとってはおなじみのメロディーですが、クラシックにあまり詳しくない人でも、一度は耳にしたことがある曲ではないでしょうか。趣味で合唱団体に所属している人や歌うことが好きな人なら一度は憧れて歌ってみたいと思っている人も多いでしょう。プロの歌い手でなくてもその合唱に参加できるイベントもあります。

第九の合唱団の募集を探してみましょう

一度は歌ってみたい曲の1つに挙げられることの多いこの曲は、オーケストラの演奏に合わせて歌えること、大きなホールや場合によっては野外ステージなどでも演奏が行われることがあり、そのステージを聴きに行くだけで感動します。そこに自分が参加できるとなれば、演奏家の一員になれる楽しみも味わうと共に、同じく歌を愛する人との出会いの場にもなるでしょうし、また練習をしていく中で親交を深めることも可能でしょう。そんな魅力的な団員の募集は、意外と色々なところで行われています。中にはオーディションをパスしないと入れない団体もありますが、歌が好きで練習に参加できる一定年齢以上の人であれば、誰でも大丈夫という合唱団もあります。まずは、お住まいの地域、あるいはお勤めされている地域の近辺で探してみてはいかがでしょうか。

募集に応募する際に気をつけること

合唱団の募集がかけられている場合は、参加するに当たっての最低条件が掲げられていることがあります。市民が気軽に参加できるタイプの公演であれば、歌の上手さはあまり問われない場合があります。それよりも大切なのは、決められた練習になるべく参加できるかどうか、自分のスケジュール的に無理が無いかどうか、です。また、衣装が決まっている場合、厳格に決められてはいないものの、色は決まっている場合などがあります。衣装を揃える場合はその分、別に料金がかかりますので、注意が必要です。参加するに当たっては、入団金や団費などがかかる場合があります。その費用は団体によって、またその団体を主催するのがどこなのかによって違ってきます。スケジュール的にも予算的にも参加出来そうなら思い切って申し込んでみましょう。