第九の合唱団に参加したい人必見の募集情報です

第九の名前で知られている、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」は、日本においては年末に演奏される機会が多くなっている名曲です。第4楽章の主題は「歓喜の歌」としても知られています。この第4楽章は、オーケストラの演奏と共にソプラノ、アルト、テノール、バリトンの各ソリストと合唱団によって歌われる合唱が付随します。年末に各地で行われているコンサートに向けて、第九を歌うメンバーの一員になりたい人向けの募集がしばしば行われています。プロの声楽家だけでなく、歌が好きな人、普段は一人で歌っているけれど、大人数で歌ってみたい人、大舞台に乗ってみたいと考えている人など、様々な目的の歌の好きな人が集まってきます。歌うことが好きな方には、是非一度挑戦してみることをおすすめします。

第九の合唱団の募集はどのように行われるのか

各地には様々なオーケストラがあります。プロで定期的に演奏活動を行っているところから市民オーケストラ、学生オーケストラなど、アマチュアオーケストラも数多くあります。そのような団体が定期演奏会やチャリティーコンサートなどで、日本では特に人気があるこの曲の演奏会を企画することがあります。プロのオーケストラでも、合唱の人達は擁していないのが普通です。合唱付きの曲をコンサートで行う際には、音楽大学の学生などに歌の部分を依頼することが多いです。ましてや、アマチュアオーケストラの場合は合唱団とつながりがあるところは少ないです。そのため、広く市民から歌うことが好きで、この曲を歌ってみたいと考えている人を募集するという動きがあります。地域のオーケストラなら、タウン誌などに募集要項が掲載されます。

第九の合唱団に応募する際に知っておきたいこと

歌が好きな人であれば、高校生くらいから応募することができます。コンサートの趣旨によっては、有料の場合やチャリティーの場合がありますので、それに伴って合唱団の人もある程度のレベルの人を集めることを目的とされている場合があり、オーディションが行われることもあります。しかし、オーディション無しに入れることも多々あります。合唱団に入ったら、指定された練習日にはなるべく参加することが必要です。団体によって、最低限参加すべき練習回数が指定されている場合があります。社会人や学生など、さまざまな人が参加するので、それぞれ都合はありますが、なるべく折り合いを付けて練習に出ましょう。本番の前日や当日は、リハーサルやゲネプロが行われるので、これには参加しなければなりません。