第九の合唱団員募集に関する最新情報

ベートーヴェンの第九交響曲「合唱付き」を歌おうというイベントが、全国で行われています。日本では年末に歌われることが多いですが、最近は、町おこしイベントとしてもしばしば行われることが多いです。クラシック音楽愛好家で歌を習っている人なら一度は憧れるイベント参加とも言えます。プロのオーケストラからアマチュアの市民オーケストラ、大学オーケストラなどが演奏し、そこに合唱団員として加わることにより、一生の思い出作りになります。各地で募集が行われており、その要項はさまざまです。お住まいの地域でも探してみると、見つかるかもしれません。市の広報やイベント掲示板などで募集がかけられることが多いです。こちらでは、第九の合唱団員として歌うためにはどうしたら良いのかをまとめます。

まずは合唱団の募集を探してみましょう

普段合唱団に属している人なら、その団体宛に出演の依頼が来る可能性があります。普段は個人で歌を習っている人であれば、習っている先生を通じて話が来ることがあります。また、独学の人の場合は、市の広報やイベント情報掲示板などを見てみましょう。最近は年末の時期に限らず合唱団結成を目的として団員を募っている場合があります。大抵の場合は、その演奏会に向けての特設の団結成となります。そのため、市内にある複数の団体や人が参加するイベントになります。普段は一緒に活動していない人と活動する機会であるとも言えます。応募するには、インターネットから出来る場合もありますし、直接団体に向けてファックスで申込書を送付したり、電話で応募する場合もあります。そのイベント毎に応募の仕方も異なります。

第九の合唱団に応募する際の注意点

第九の合唱団に入るとなれば、決められた練習に参加しなければなりません。あらかじめ、募集をかける段階で、大まかなスケジュールが発表されていることが多いです。もちろん、社会人や学生など、それぞれの立場があるため、すべての練習に参加できなければならないというものではありません。しかし、合唱はあくまでみんなで作り上げるものですので、練習にあまり出られない人がいると、他の人に迷惑がかかってしまいます。そのため、応募をする際に、スケジュールを確認して決められた練習に参加できるかどうかを検討してから参加を決めましょう。一般的に、普段の練習は何かの都合で参加出来なかったとしても、本番前日のリハーサルと舞台当日のゲネプロと呼ばれる総練習には参加できなければいけません。